スキンケア製品の選択方法

デパートの外資系コスメからドラッグストアのもの、ほとんど広告をうっていない通販のものまで幅広く使ってみます。

その前提としてあるのは、化粧品そのものが好きだからです。

さて幅広く使ってみる上で気を付けているのは、できるだけでサンプルやトライアルでテスターをすることです。

これが私の肌がエタノールによって負けることがあるからです。エタノールは防腐効果、収れん効果があるため、多くの化粧水には配合されています。

多すぎないものについては問題なくても、ふき取り系化粧水の場合、肌荒れを起こすことがあるからです。

なのでまずは現品を使う前に試すことにしています。

これは節約のためという側面と、合わないものをダラダラを使いたくないからです。

仮に肌荒れしなくても、物足りなくて、美容液やクリームなど他のスキンケア製品を追加してリカバリーしなければならない場合があります。そのリカバリー分がもったいないからです。

化粧品を買う時にもらうサンプルを除いて、自分で選んでトライアルを購入する際は、それが合った場合、継続して使える価格であるかはチェックします。

ケチって少しずつしか使えないのであれば、効果を最大限に受けることができないからです。

元来、飽きっぽいことと開拓精神があるので、つい色々と使っていますが、最終的に決定打になるのは、浸透力と使い心地が良いものです。